UCB滞在に関する報告のページ

■はじめに

2005年3月から2006年1月までの約10ヶ月間、米国カリフォルニア州バークレー市にある、カリフォルニア大学バークレー校(Univeristy of California at Berkeley, UCB) の コンピュータサイエンス学科(Computer Science Division)に訪問学者(Visiting Scholar)として行ってきました。なお、この派遣は、文部科学省 海外先進教育研究実践支援プログラム(第一回)によるもので、プロジェクトの題目は「高性能コンピューティング研究教育」です。

派遣先のプロジェクトは、Berkeley Benchmarking and Optimization (BeBOP)プロジェクトです。派遣先でお世話になった教授は、Prof. Katherine Yelic と Prof. James Demmel です。

■出国準備など

 出国準備

 米国での生活の立ち上げ(カリフォルニア州バークレー市周辺用)


■定期報告

 2005年5月16日

 2005年6月17日

 2005年7月14日

 2005年8月12日

 2005年9月22日

 2005年10月14日

 2005年11月16日

 2005年12月20日

 補記(2006年1月)


■その他

生活情報(エル・セリート(El Cerrito)、アルバニー(Albany)、バークレー(Berkeley)情報)


■帰国準備など

帰国準備

帰国後起こったこと


片桐孝洋のホームページに戻る


【最終更新】2006年1月27日